mechanism of vision

分子生体情報学分科へようこそ

京都大学理学研究科 | 生物科学専攻生物物理学教室 | 分子生体情報学分野

私達の研究室では、「視細胞における光情報変換」や「薄明視・昼間視・色覚」の分子メカニズムを明らかにするため、光受容体を中心にして種々のタンパク質の分子的な性質を原子・アミノ酸のレベルから研究しています。基本的な研究スタンスは、生物物理学、生化学、分子生物学であり、生理機能に結びつくタンパク質分子の性質(タンパク質分子の生理学的性質)とはどのようなものかに興味を持って研究を続けています。

また、光受容体がGPCRの中で最も研究が進んでいる「トップランナー」であることから、光受容体をモデルとしてGPCR一般の構造・機能相関や分子設計を解析する取り組みを始めています。

さらに、光受容体・GPCRファミリーをターゲットとして、先祖型タンパク質の基本構造がどのように変化して現在の多様な機能が獲得されたのかを明らかにするため、機能の多様化を生み出す重要なアミノ酸残基を発見・同定することをめざしています。


Other News


研究活動

October 16, 2021

山下講師が第5回感覚フロンティア研究シンポジウム(大阪大学蛋白質研究所セミナー)で招待講演を行いました


メンバー

October 1, 2021

山下助教が講師に昇任されました。


研究活動

September 2-4, 2021

動物学会オンライン大会で山下助教、池内(修士2年)、藤藪(修士2年)がポスター発表を行いました。


研究活動

August, 2021

早稲田大学の岡野俊行教授が特別講義に来られました


研究活動

September, 2020

生物物理学会オンライン大会で今元准教授、山下助教、酒井博士がポスター発表を行いました。

進化学会オンライン大会で山下助教がシンポジウムの講演を行いました。

動物学会オンライン大会で山下助教と藤藪(修士1年)がポスター発表を行いました。


メンバー

April 1, 2021

修士1年生(青木君)が新たに配属されました。

学部4回生(朝本君、石村さん )が新たに配属されました。